一眼レフ モードについて

一眼レフのモードについて

一眼レフには、製造元でそれぞれ違うのですが、
たくさんのモードが実装されています。

 

このモードを活かすことが可能か否かは、
美しい写真が撮影できるかに大きく関係してくるでしょう。

 

それぞれのメーカーによりモードの呼び名が異なるので、
まず最初にマニュアルでどのようなものが、
実装されているのかを見てみましょう。

 

一例を言えば、スポーツの状況を撮影したいなら、
スポーツモードにスイッチする等の操作が必要になります。

 

その他、夜の風景を撮影したいなら、
夜景ポートレートモードなど、その場所によって変えましょう。

 

モードを変更すると細かくどう変わるのかというと、
背景のぼかしの程度やシャッター速度になります。

 

スポーツモードに変更すればシャッタースピードが速くなり、
連写ができたり、夜景ポートレートにすれば、夜景のみならず、
一眼レフカメラの前の人もクッキリと撮影できるなど差が出ます。

 

それぞれのモードの特性は理解しておくとよいでしょう。
人物がない景色を撮影したい時は、風景モードにすれば、
一眼レフで撮った範囲の全部の照準を合わせることができます。

 

そこに人が入る時は、人物メインで照準を合わせて、
後ろの景色をぼかす感じのポートレートにする等、
撮影のシチュエーションに合わせて変えた方が上手くやれます。

 

どのモードが最適なのか見当が付かない人は、
全自動モードを使うのもいいでしょう。

 

一眼レフが自動的に最適なものを選んで、
必要ならストロボも使用した撮影が可能です。

 

さらにいい写真を撮りたいなら、
モード変更+他の機能の微調整を覚えておきましょう。