一眼レフカメラ レンズについて

一眼レフカメラのレンズについて

一眼レフカメラの一番の特徴は、
レンズ交換ができるということです。

 

それにより、撮影場所や景観に合わせ、
複数の一眼レフ用のレンズを準備するのが普通です。

 

始めたばかりの人は、初めからいくつも準備しなくてもいいですが、
3種類くらいから必要なレンズがあれば、
ひとつずつ買いそろえていくのがおすすめです。

 

また、とりわけ女性の方に気を付けてもらいたいのが、
レンズにより重量がかなり異なるということです。
結構重たいものもあるので、重さもしっかりチェックしましょう。

 

レンズを交換しても、ほとんど変わらないと考える人もいるでしょうけど、
本当に撮影した写真を見比べると相当に違うことがわかるでしょう。

 

同じところから撮影したものでも、
デジタルカメラで撮ったものより、景観を幅広く撮影できたり、
反対に入れたくないところを外して撮ることも可能です。

 

一眼レフカメラのレンズをチョイスする時のポイントは、
自分で頻繁に撮る可能性のある
被写体に合わせてレンズを選ぶことです。

 

近距離でペットを撮影しようと考えているのならマクロレンズ、
遠くの風景を撮りたいのなら望遠レンズという風に、
どこで使うことが多いのかを考えて選びましょう。

 

買った一眼レフのレンズで、
どの程度のレベルの写真が撮影できるかは、
実際に撮ってみないとみないと不明な点が多々あるので、
レンズを購入したら試し撮りをいっぱいしてレンズのクセを学習しましょう。

 

多くのタイプを持って歩きなら、性能が同等でなるべく小さいもの、
軽量なものという探し方もしてみるといいでしょう。