キャノン 一眼レフ

キャノンの一眼レフ

キャノンの一眼レフカメラの一番いい所は、
手ブレ補正機能でしょう。

 

かなり写真撮影に手慣れている人であっても、
シャッターを切る際の動きで撮影した写真が、
ブレてしまうということはたまに見られます。

 

キャノンはIS(Image Stabilizer)という
独自で開発した手ブレ補正機能を使って、
一眼レフカメラ本体の方じゃなく交換レンズの方で、
手ブレを抑制するシステム開発に成功しました。

 

手ブレと言えば、必然的にカメラの品質や、
撮影スキルの方をまず一番に思いがちですが、
どうやってもブレていない綺麗な写真を撮ることができないという人は、
交換用レンズを使ってブレを抑制してみてはいかがでしょうか。

 

また、手ブレが少しで済むということは、
三脚を使用せず撮影したとしても、
美しい写真が撮れるということにも関係します。

 

たくさんの道具を持ちながら移動することが難しい女性や、
旅行先で綺麗な景色を残したいのに、
三脚を持ち歩くのは大変だという人も、キャノンの一眼レフだったら、
三脚を使わずキレイな写真を残すことができます。

 

キャノンでは「キャノン大撮影会」というイベントを催しています。
フォトグラファーのプロの方にレッスンしてもらえたり、
フォトコンテスト等もありますので、真剣に写真撮影を習いたい、
腕を磨きたいと思う時は行ってみてはいかがでしょうか。

 

大型のCMOSセンサーがついている
一眼レフもあるので、階調表現も簡単です。

 

画素数も多いことからナチュラルな色を
再現できる機能もとても優秀です。

 

キャノンの一眼レフは「EOS」シリーズで市販されていますが、
商品別に特性が異なるので、1つ1つを比べて購入しましょう。